Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:DNAの損傷

高齢出産のリスク:DNAの損傷

高齢出産のリスクは色々ありますが、「高齢妊娠」に関するリスクと「高齢分娩」によるリスクと二つに分けられます。

ここでは「高齢妊娠」の中の、DNAの損傷について考えてみます。
医療関係者は殆どが出産する妊婦側の接触になるため、女性側の啓蒙が主になります。

DNA損傷は、女性の卵子にばかり起こるのではなく、男性側にも起こると最近の研究結果がでています。
中高年男性側のリスクの原因は、老化の始まりをあげています。

たとえば、再生産される毛髪の質が年齢と共に劣化するのと同様、中年になるとホルモン系の老化が始まり、男性が良質な精子を作り出す能力が衰えていくというものです。

そして、女性を妊娠させる可能性の低下もあるという報告があります。

欧州では、200人を対象として研究した結果、45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、 それ以下の年齢グループに比較してかなり高く、30歳未満の男性との比較では2倍であったということです。

そうなると、高齢妊娠におけるDNAの損傷は、 女性側・男性側の両方によってリスクは生じてくることになります。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。