Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:羊水過多の症状

高齢出産のリスク:羊水過多の症状

高齢出産のリスク羊水過多症があります。

羊水過多の主な症状は、子宮低の上昇とこれに伴う圧迫症状・吐き気・腹部の緊満感・起坐呼吸・ 腹部の増大などがあります。

高齢出産のリスク、羊水過多の主な診断は、超音波診断、腹部X線写真などの診断を受けてください。

臨床症状により巨大児や多胎妊娠の鑑別・腹水の鑑別が必要となります。
羊水胎児造影では、先天異常の胎児が発見されることもあります。

高齢出産での羊水過多の治療は、急性症の場合、残念なことですが不可能といえましょう。
この場合は、母体の身体的改善のため、人工妊娠中絶をしなければなりません。

慢性症になると処置が必要で、臨床の所見の悪化があれば、分娩誘発も行なわなくてはなりません。

羊水穿刺により羊水の吸引をくり返し誘発していきます。
高齢出産にとってリスク度の高いのが羊水過多症です。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。