Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:羊水過多症の治療

高齢出産のリスク:羊水過多症の治療

高齢出産のリスクの中に羊水過多症があります。

急性症では妊娠の継続は不可能に近いのですが、慢性症では、 「羊水穿刺(ようすいせんし)」という方法で処置をしていきます。

羊水穿刺(ようすいせんし)とは、羊水中に浮遊する胎児の細胞採取方法です。

羊水は羊水胎児造影の目的で、羊水中に造影剤を注入します。
そして、羊水の化学分析など胎児診断のために、羊水を穿刺し役立たせます。

羊水穿刺の時期はその目的により違いいます。

  • 妊娠16~20週では遺伝相談としての出生前診断のために行ないます。
  • 妊娠中期から末期には、Rh不適合妊娠の判断、胎児管理、 胎児の成熟度の判定、胎児奇形の診断に行なわれる場合もあります。
  • 羊水穿刺の後は抗生物質を投与して流産・早産を予防します。

羊水穿刺の治療のリスクも高いのですが、 高齢出産において正常で健康な赤ちゃんを産むための治療として、挑戦しなければならないのてす。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。