Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:ダウン症候群の発生頻度

高齢出産のリスク:ダウン症候群の発生頻度

ダウン症候群はダウン症とも呼ばれ、1866年イギリスの医師ラングドン・ダウンが発表しました。

ダウン症候群の名の由来は、染色体研究によって21番目に異常な反応を示す一本があることがわかり、 発表者の名をとってダウン症と呼ばれています。

ダウン症候群は、新生児期に、関節の過伸縮・筋低緊張・耳介異形成・平坦な顔面中央部萎縮・第5指中節短縮などが現われます。

また、ダウン症候群では、開いた口・舌挺出・知能障害・短頭・内眼角賛皮 ・鼻橋の低下による小鼻などを確認するようになります。
ダウン症の40%に先天性心疾患を合併すると言われています。

母親の年齢に影響する発生頻度は次のとおりです。

15~29歳で1:1,500、30~34歳で1:800、35~39歳で1:270、40~44歳で1:100、45歳以上で1:50のリスクを負います。

また、高齢出産により再びダウン症の子供が生まれる再発のリスクの確率は1%と言われています。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。