Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:流産

高齢出産のリスク:流産

高齢出産に関わらず、およそ全妊娠の15%が流産しますが、その原因を全て解明できるとは限りません。

高齢出産のリスクの中には流産の危険因子が含まれています。
流産した胎児を調べてみると、染色体異常がしばしば見られるのも事実です。
ですから、流産の原因の多くは胎芽・胎児の染色体異常が原因と考えられています。

高齢出産のリスクに限らず、経産婦であっても年齢の増加(加齢)に伴って排卵される卵子の異常の発症は増加しますので、当然、胎芽・胎児の染色体異常は増加し、自然流産の発生率は高くなります。

しかし、高齢であるからといっても常に異常な卵子を排卵するとは限りません。

高齢であることが妊娠自体のリスクとなっているわけではありませんから、専門医と相談し、賢明に対応することが大切になります。

また、流産したからといって、妊娠自体が否定されているわけではありません。

高齢出産の場合には待ち望んだ妊娠であり、不妊症治療後の妊娠のこともしばしばです。

そのため、もし流産になればかなり強い精神的な衝撃を受けるのは当然ですが、つらくてもめげずに根気強く妊娠をする努力も必要となってきます。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。