Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:子宮筋腫合併妊娠

高齢出産のリスク:子宮筋腫合併妊娠

高齢出産のリスクには、子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣腫瘍の合併の頻度が高くなる傾向にあります。

妊娠に子宮筋腫が合併した場合には、妊娠経過中、分娩時、産褥期に種々の障害が起こるリスクを伴ないます。

子宮筋腫合併妊娠の取り扱い方は重要な問題で、このような障害を避けるためにはどうしたら良いか考えてみます。

子宮筋腫合併妊娠のリスクには二通りの考え方があります。

一つは、積極的に筋腫核出術などの手術療法を行うべきと考え、もう一つは、可能な限り手術療法を避けて保存的治療(安静・子宮収縮抑制剤、鎮痛剤などの投与など)を選択すべきとの考え方があります。

現在では可能な限り保存的治療を優先し治療効果に限界がある場合には手術療法を選択すべきとの考え方が一般的になっています。

しかし、妊婦の状況は一人一人違っていますから、慎重に検討する必要があります。

保存的治療が一般的といっても、時には手術療法が唯一の治療法となる場合もあります。

>> 14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。