Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:卵巣腫瘍

高齢出産のリスク:卵巣腫瘍

高齢出産は一般的には35歳以上の妊娠と考えられています。
高齢妊娠は、異常な妊娠経過をたどるリスクもあります。

この異常妊娠を回避するには「どのような異常」が起こりやすいのかをきちんと把握し、適切に対応することが肝要です。

高齢妊娠の危険因子(リスク)には色々ありますが、卵巣腫瘍について考えてみます。

正常卵巣は子宮の左右両側に一対あり、扁平楕円形で、大きさは母子頭大で重さは5~8g程度です。

この卵巣に発生する卵巣腫瘍は多種多様の腫瘍が発生しますが、その約85%は良性腫瘍です。

卵巣腫瘍は多くは自覚症状がありません。
その為、突発的な激しい下腹痛を呈する茎捻転を起こしてしまいます。

急を要する治療もたまには有りますが、殆どが 卵巣腫瘍・卵巣嚢腫(良性)など治療を必要とするわけではありませんし、全てが手術をしなければならないわけではありません。

高齢出産のリスクの中の卵巣腫瘍は恐れず、医師と綿密に相談されることをお薦めします。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。