Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:黄体嚢胞(ルテイン嚢胞)

高齢出産のリスク:黄体嚢胞(ルテイン嚢胞)

高齢出産にはリスクがつきものといわれていますが、その中のリスク要因、黄体嚢胞(ルテイン嚢胞)について考えてみます。

妊娠初期に最も頻度の高い類腫瘍性病変は黄体嚢胞です。

この黄体嚢胞は、妊娠時の卵巣腫大病変の80~90%を示しますが、妊娠経過につれて、いずれは消失するために治療の必要性は全くリスクにはなりません。
また、黄体嚢胞はルテイン嚢胞とも呼ばれています。

黄体嚢胞とは、妊娠性機能性嚢胞であり、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の刺激で卵胞内貯留液が増加したものです。

CGは妊娠の成立とともに次第に増加し、妊娠8~9週の頃をピークに以後は下降するものですから心配はいりません。

すなわち黄体嚢胞はhCGの分泌パターンと一致して大きさも腫大縮小を示します。

高齢出産のリスクの中でもほとんど心配のいらない症状です。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。