Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:内科疾患(糖尿病、肥満など)の合併

高齢出産のリスク:内科疾患(糖尿病、肥満など)の合併

高齢出産のみならず合併症のリスクは、危険因子が大きいといえます。

特に内科疾患(糖尿病、肥満など)の合併は、リスクが大きく真剣に取り組んで欲しい合併症です。

内科的な要素の「成人病」と呼ばれる疾患は、加齢と深い関係があるために、高齢妊娠にしばしば合併します。

現在では、生活習慣と深い因果関係があるために「成人病」とは言わず「生活習慣病」と呼ばれています。

この「生活習慣病」のリスクは、多種の症状と合併をおこします。
具体的には高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満および肥満症などの疾患や病態です。

これらの疾患と妊娠が合併すると、時には妊娠経過に重大な影響を及ぼすこともあります。

その他のリスクも、内科疾患としては慢性腎炎・心疾患・甲状腺疾患なども高齢妊娠に合併することもあります。

本来ならば、リスクを伴なわない為にも、内科疾患を治療後に妊娠すべきでしょうが、なかなかそうはいかないのが現実です。

適切な検査を行い、合併症の早期発見、早期治療を行うことが大切となってきます。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。