Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:前置胎盤・常位胎盤早期剥離の増加

高齢出産のリスク:前置胎盤・常位胎盤早期剥離の増加

高齢出産のリスクは多いのですが、前置胎盤・常位胎盤早期剥離の増加は確実に増加しています。

妊娠全体の「前置胎盤」の発生は約0.5%程度です。
しかし、40歳以上の高齢妊娠では約2%程度まで増加していると報告があるようです。

前置胎盤とは、胎盤の子宮腔内の付着部位の異常を示す疾患をいいます。

すなわち前置胎盤とは、胎盤が子宮下部(子宮峡部あるいはその付近)に付着し、発育成長後にやがて胎盤の一部あるいは、全部が内子宮口に及ぶものでリスクは大きいといえます。

産科では、妊娠中期から後半期にかけて突発性の多量の性器出血をきたします。

無痛である為、突然の出血で精神的にもショックを受けますし、出血性ショックに陥るリスクの高い疾患であります。

そのために、母子の生命をも脅かすため、救急処置を要する疾患なのです。

また、高齢妊娠では、妊娠中毒症が発症しやすくなりますが、妊娠中毒症は常位胎盤早期剥離の病因の一つであるために、結果的に常位胎盤早期剥離の発症頻度も高率になります。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。