Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:妊娠中毒症の増加

高齢出産のリスク:妊娠中毒症の増加

高齢出産のリスクの中で、妊娠中毒症について考えてみます。

リスクの中で妊娠中毒症は、増加している時期がありました。

ただし、現在では妊婦の管理意識が高くなり、妊娠中毒症の発症は減少していますが、それでも妊娠の約8%にも及んでいます。

妊娠中毒症の発症は加齢とともに増加し、35歳以上の高齢妊娠では約20%も認められるとの報告もあります。

当然40歳以上になるとさらに高率に発症してきます。
妊娠中毒症のリスクは、血管攣縮と血管内皮障害が2大病態です。

加齢とともに血管の老化が進行し、血管内皮細胞が障害を受けやすく、そのために年齢と共に妊娠中毒症は発症しやすくなると考えられています。

妊娠中毒症の怖さは合併症を併発することです。

肥満および肥満症、高血圧、腎炎などの内科疾患も発症しやすくなり、妊娠中毒症の発症の一因になっています。

また、妊娠中毒症は重症に陥りやすく、高齢出産の方は気を抜けません。
重症化すると母子ともに生命に関係するリスクの高い重要疾患です。
厳重な管理・治療を必要とします。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。