Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:ダウン症候群

高齢出産のリスク:ダウン症候群

高齢出産のリスクの中にダウン症候群の発症があげられます。

新生児のダウン症候群の発症率の増加は年々増えている状況下があり、 女性の晩婚に伴う高齢出産の増加があるからです。

ダウン症も一種の染色体異常ですが、女性が高齢である場合と男性が高齢である場合の、 どちらもダウン症児が生まれるリスクは増加します。

40代の夫婦が出産した場合、新生児の約1%がダウン症候群を発症するとされています。
ダウン症候群とは、一般的に21番目染色体がトリソミー(三倍体)を形成することで生じる先天性の疾患群のことです。
また、一般にダウン症とも呼ばれています。

稀に起こる症状ではなく、一般に1/1000人という割合で発生しています。

高齢出産のリスクの確立は、次のようになります。

35歳以上の高齢出産での発生率は、35歳でおよそ1/300人、 40歳以上では1/100人と高率となっています(これは、出産する女性が高齢であることのみが原因なのでなく、 高齢妊婦の配偶者男性が高齢であることから染色体異常が起こりやすくなる影響も含む)。

また、その染色体異常の形は、95%が標準型21トリソミー、4%が転座型、1%がモザイク型であります。

このリスクは遺伝性ではありませんが、転座型の場合は、親の片方が均衡転座保因者である場合もあるようです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。