Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:リスクを怖がらず

高齢出産のリスク:リスクを怖がらず

高齢出産のリスクばかりにこだわって、やたら恐怖心を募らせるのはやめましょう。

リスクは確かにありますが、高齢出産の現状はもっと明るいものです。
女性の高学歴化とその後の社会進出が一般化した現在では、晩婚化がさらに進んでいます。

その結果として高齢妊娠高齢出産は増加傾向にあり、逆に20歳代女性の出産は減少しています。

また、体外授精などの不妊症治療の進歩もあり、高齢妊娠が増える一因とされています。

理想的な妊娠・分娩の最適齢期は、母体の事を考えると20才代ですが、昔にくらべると、食料事情など何でも手に入る現代では、体力の向上があり、30代40代の妊婦に心配しすぎるのは、リスク過敏といっても良いでしょう。

それぞれの危険性をきちんと認識し、適切に対応することによって危険を回避することが不可能ではありません。

高齢妊娠高齢出産の患者さんであっても、妊娠・分娩経過が全く正常な場合もあり、全て危険と言うわけではありません。

リスクばかり捉われて怖がらず、高齢出産の道は明るいのだということを知って頂きたいと思います。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。