Top >  高齢出産 不妊治療 >  高齢出産における不妊治療:排卵日の予測

高齢出産における不妊治療:排卵日の予測

高齢出産の不安を抱えながら、一日も早い妊娠をと期待する夫婦にとって、排卵日の予測が可能になったとなれば、希望が多いに持てるものとなります。

不妊治療の前段階の基礎体温表を見て、「あのときが排卵日だったのか」と振り返るだけでは何もなりません。

そのために「排卵日検査薬」というものがあります。

これは、尿を調べることによって排卵日を知ることが出来ます。

女性の排卵日の直前に、LHホルモンが急上昇するLHサ-ジと呼ばれる現象があります。

この現象の後、24時間以内に排卵が起こるといわれています。

この検査薬は血中のLHホルモンの値が一定値以上になると、尿中にもこのホルモンが出てくることを利用して、尿を調べる事によってLHサ-ジを知ろうというものです。

最近では、街の薬局などでも販売しており、1週間分(7回分)¥3,000~¥4,000程度で購入できるようになりました。

不妊治療を考えている人の前段階において、家庭で出来る妊娠タイミング方法なのです。

6ヶ月間この方法で試みて妊娠しない場合は、不妊治療の受診に進んでもよいのではないでしょうか。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 不妊治療

高齢出産 不妊治療

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。