Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:ダウン症の治療

高齢出産のリスク:ダウン症の治療

高齢出産のリスクとして、ダウン症児の出産がありますが、ダウン症児の治療は可能なのでしょうか。

現在の医学ではこれといった治療法はありません。
数十年前までは、ダウン症児の平均寿命も20歳前後でした。

しかし、これは循環器合併症の外科的治療が当時はできなかったためで、 合併奇形を治療すれば、一般の健康状態は良く、寿命も50年程度に伸びています。

身体的リスクを負いながら、4年制大学を卒業した人もいます。

「夢紡ぐ綾」(日本でダウン症者として初めて4年制大学を卒業した女性のサイト)のアドバイスや、 早期養育が発達の助けに良いなど、嬉しいことに愛の手は差しのべられています。

高齢出産でのダウン症のリスクとしては、母親のショックが大変大きく、 カウンセリングなどのケアが最も重要になってきます。

カウンセリングで立ち直り、リスクを乗り越えてダウン症児の育成に愛情を注いでいるお母さんには、 応援をしてあげたいものです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。