Top >  高齢出産 不妊治療 >  不妊治療 子宮因子による不妊症

不妊治療 子宮因子による不妊症

高齢出産を考えるとき、妊娠しない場合に女性側の原因を探していくと、子宮に関係がある場合が少なくありません。

女性の子宮因子に異常が認められて不妊になる場合を考えてみます。

その中で先天性子宮奇形というのがあります。
子宮は、左右のミュラー管がひっついて発生する臓器です。
癒合の異常により先天性子宮奇形が発生します。

先天性子宮奇形には、双角単頚子宮、双角双頚子宮、弓状子宮、不全中隔子宮、中隔子宮、分離重、単角子宮、複子宮などがあります。

また、子宮筋腫が原因もよくあります。

子宮筋腫とは、平滑筋でできている子宮の筋肉から発生する良性腫瘍で、石のように固い腫瘍です。

子宮筋腫は約95%は子宮体部に発生し、約5%は子宮頚部に発生します。

発生部位により分類され、粘膜下筋腫、しょう膜下筋腫、筋層(壁)内筋腫とがあります。

月経の量が多くなるのは粘膜下筋腫ですし、最も不妊治療と関係の深いのも粘膜下筋腫です。

不妊治療の中では子宮筋腫を削除するケースも多くみられます。

筋腫が小さい場合は不妊治療として何もせず、そのまま経過を見る場合もあります。

>> 14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 不妊治療

高齢出産 不妊治療

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。