Top >  高齢出産 不妊治療 >  高齢出産における不妊治療:子宮内膜ポリープ

高齢出産における不妊治療:子宮内膜ポリープ

高齢出産を考えるとき、女性の子宮の異常が問題になっている場合があります。

その中に子宮内膜ポリープというものがあります。

子宮内膜ポリープは、子宮内膜が有茎上に発育したもので、子宮卵管造影、超音波検査や子宮鏡などによって発見されることが多いのです。

また、子宮内腔癒着症というものもあります。

これは、子宮内膜の炎症後に子宮の内腔がひっついたもので、人工妊娠中絶術や自然流産後の手術や分娩の後に発生しやすいものです。

癒着の程度がひどくなると月経量が少なくなってきます。

子宮内の癒着は不妊治療の対象となる原因です。

卵子が着床しにくい・着床しても正常に生育しないなどがあった場合は、しっかり不妊治療をする必要があります。

子宮内膜ポリープ・子宮内校腔癒着は治療をして治してから不妊治療に臨むのがよいでしょう。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 不妊治療

高齢出産 不妊治療

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。