Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精とは

人工授精とは

人工授精とはどのようなことをいうのでしょうか。

高齢出産を考えてみても、人工授精を望む人も意外と多いとのことです。

妊娠しにくい人や晩婚のため、人工授精を望む人もあります。

人工授精とは、男性に精液を提供してもらい、パートナーの子宮内に注入することをいいます。

この治療は、おもに精子に問題がある場合、もっと正確に言えば、精子の数が少ない場合や、運動率が低い場合が最も適応となります。

人工授精を行うためには4000万程度の精子が必要ですので、健康で正常な男性の場合、精液量は1.5~4.0ml精子濃度5000万/ml以上ですから、通常1回あたり7500万~3億程度の精子が射精されることになります。

精子濃度が1000万/ml以下の場合や、精子の運動率が極端に悪い場合(精子無力症)は、体外受精を考えることになります。

人工授精はその名前から、人為的作為で妊娠を操作するような印象を持ちますが、実際はそうではなく、最も自然体に近く妊娠効果を上げる方法なのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。