Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精の方法

人工授精の方法

高齢出産の中には、子供に恵まれなかった為に人工授精を考えた人も多くあるようです。

人工授精の方法の中で、かつては精液をそのまま子宮に注入するといった簡単なやり方をしていました。

この方法の妊娠率はきわめて低い上、精液内の細菌や受精を阻害する物質などの存在がわかり、現在では少なくなってきています。

ただ現在でもこの方法で行っている施設はあります。

現在盛んにおこなわれている人工授精の方法は、パーコール法(遠心分離器で元気が精子を集める方法。→精子洗浄濃縮法)といって濃度こうばいで質の良い精子を分離する方法や、スイム・アップ法(培養液の中に濃縮した精液を入れ、時間の経過とともに培養液の表面に泳いでくる精子を集めます。→精液静置法)といって元気のいい精子が精液の上の方に泳いでくる性質を利用して、これを回収する方法などがおこなわれています。

バーコール法の妊娠確立は80~90%、スイム・アップ法は60~80%ということです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。