Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精:女性が原因の場合・子宮頚管粘膜液

人工授精:女性が原因の場合・子宮頚管粘膜液

妊娠しにくい体質のため高齢出産となる場合もあるのですが、その原因がどちら側にあるのかと言うことで治療方法が違ってきます。

女性側の原因は、デリケートな子宮環境も手伝って原因が断定しにくいのが特徴です。

女性の側に原因があって人工授精が適応になる場合にも色々ありますが、その中に子宮頚管粘膜液の問題があります。

女性は排卵が近づくと精子を受け入れやすくするための体制を作っていきます。

その為、子宮頚管粘液が増加していきますが、この子宮頚管粘液の量が十分でないと、精子はうまく子宮の中に入っていくことができません。

これが原因の場合、人工授精によって精子と卵子の距離を縮め、近道させることで妊娠を期待するわけです。

人口受精によって、男性の精液を女性の子宮の奥に注入することにより、この問題を回避することで妊娠を可能にしていくことができるのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。