Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精:体外受精への移行

人工授精:体外受精への移行

妊娠出来ない夫婦の中には、高齢出産を迎える年齢になり、焦りを感じている人もあるのではないでしょうか。

男性、女性両方の検査で異常が認められない、要するに原因不明のケースもあります。

この場合にも人工授精はおこなわれます。

この場合は、体外受精の方法で行なう、高度生殖医療になり、その場合の費用は一回あたり30~60万の医療費がかかります。

人工授精も健康保険は対象外ですが、一回あたり1~3万円程度ですみます。

人工授精の成否のカギは、どれほど正確に排卵のタイミングにあわせて精子を注入できるかにかかっています。

卵子と精子がジャストミートするため、経膣超音波による卵胞の計測に加え、HCGという排卵をおこす注射をします。

そして計画的に排卵誘発剤を使用し人工授精を行なう場合もあります。

これは、排卵する卵のかずが多いほど妊娠しやすいという理由から経膣超音波による卵胞の計測に加え、HCGという排卵をおこす注射をするのです。

人工授精は全体的に5~10%の数字です。

人工受精は妊娠率の低さから5~10回おこなって妊娠に至らない場合、体外受精へと移行するのが殆どです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。