Top >  高齢出産の割合と記録 >  高齢出産の記録

高齢出産の記録

高齢出産の記録を紹介します。

英国での高齢出産記録を塗り替えたのは、2006年7月5日、62歳のイギリス人女性が男の子を出産したからです。

この女性は、児童心理学者のパティー・ファラントさんで、学会ではパトリシア・ラシュブロックさんとして知られています。

英紙デーリー・メールによると、パティーさんは不妊治療を行った後、妊娠し、帝王切開で出産したということです。

また、ルーマニアではアドリアーナ・イリエスクさんで、2005年5月に66歳で女児を出産しました。

現在の世界最高出産記録はスペイン東部バルセロナの病院で2006年12月30日、 67歳のスペイン人女性が帝王切開で双子を出産しました。

出産の世界最高齢記録とみられます。

女性はスペイン南部アンダルシア地方の出身で、体外受精により妊娠していた。
出産はこれが初めてということです。

病院側は女性の詳しい身元や双子の性別は明らかにしていません。

ルーマニアのケースでも妊娠していたのは双子だったのですが、1人は死亡し、残る1人を帝王切開で出産しました。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産の割合と記録

高齢出産の割合と記録

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。