Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精と卵巣過剰刺激症候群

人工授精と卵巣過剰刺激症候群

なかなか妊娠できず、高齢出産になってしまうケースが多い中、人工授精の副作用とも言える症状があります。

卵巣過剰刺激症候群とは、不妊解消の為に排卵誘発剤を使用することで起きる症状です。

人工授精では、hMG製剤などで卵胞を刺激し発育させたあと、hCG注射により排卵を誘発すると、卵巣が腫れて腹水が溜まってくることがあります。

最初は卵巣の周囲のみですが、ひどくなるとお腹全体に広がることがあり、さらに進行すると血液が濃縮して血栓症が起きることがあります。

これは血管内から水分が漏出することで起きるのですが、人工授精(排卵誘発剤を使用)の難点でもあります。

結果、血圧低下・血栓を起こす・脳梗塞・肺梗塞などの生死に関わる危険な問題となってきます。

また、卵巣の腫大自体は茎捻転を招くこともあり、開腹手術を必要とする場合もあります。

人工授精排卵誘発剤を用いて、卵胞を人工的に多く作る場合、最初の段階では10~20個ほどの卵胞をそのまま成熟させる作用があります。

普段は親指ほどの大きさですが、20㎜もの卵胞が7~13cmくらいまでに腫れあがることもあります。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。