Top >  高齢出産 人工授精 >  人工授精の歴史

人工授精の歴史

高齢出産の人で、人工授精を試みた人もいるはずです。

人工授精は、1978年イギリスにおいて、世界で初めて体外受精(人工授精)での妊娠、出産となりました。

以来、世界各国は体外受精(人工授精)の研究や実施が積み重ねられ今や、自由に体外授精が出来るようになって出来たほどです。

この朗報は不妊の人・高齢出産の人に勇気を与えたのは勿論のことですが、日本ではも1983年に東北大学医学部付属病院で体外受精(人工授精)によるベビーが誕生しました。

さらに、1992年にはベルギーで初めて顕微授精による妊娠、出産に成功し「試験管ベビー」と呼ばれました。

日本では1992年に顕微授精によるベビーが誕生しています。

体外受精・顕微授精の技術は急速に発展してきましたが、産み分け方などの絡みもあり、モラルの問題も取沙汰されています。

しかし、不妊治療には体外受精(人工授精)顕微授精の技術は欠かせない治療法となってきたのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 人工授精

高齢出産 人工授精

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。