Top >  高齢出産 初産 >  高齢出産:初産の問題点

高齢出産:初産の問題点

高齢出産」と呼ばれるのは、35歳を過ぎての初産、または、40歳以降での2度目以降の出産を指します。

それは現在、昔に比べて初婚年齢が上がった事や、結婚後も仕事を続ける女性が増えている事から、30歳を過ぎてから出産をする女性が増えているのが原因となっています。

実際は、最も多い出産年齢は25歳~30歳なのです。

20年位前は、多くの人が20代前半に初産だった事を考えると、ずいぶんと出産時期が高齢化してきた事は事実です。

正確には、35歳以上の初産を高齢初産といって、34歳以下の出産と区別します。

なぜ区別するのかというと、医学的に妊娠中や分娩中のトラブルが発生しやすくなる年齢が、35歳を境に多くなるので注意を促しているわけです。

高齢初産の問題点は、

  • 妊娠しにくくなる
  • 切迫流産・切迫早産になりやすい
  • 妊娠中毒症を起こしやすい
  • 微弱陣痛になりやすい
  • 子宮頸管の柔軟性が失われる
  • 出産後の母体の回復が遅い
などがあります。

高年齢と共に卵巣の機能が低下し、卵巣ホルモンの分泌バランスが崩れて行くなどもあり、妊娠出産に関しては若い時よりも問題が生じやすくなるのも事実です。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 初産

高齢出産 初産

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。