Top >  高齢出産 二人目 >  高齢出産での二人目にリスクはあるの?

高齢出産での二人目にリスクはあるの?

高齢出産二人目になった場合、リスクはあるのでしょうか?

一人目の出産が35歳までで、二人目は35歳以降だからリスクが大きいとは言えません。

妊娠出産のリスクは年齢的なものは少しはありますが、その人の体調・環境・精神的要素によって、リスクも個人的に違うものなのです。

しかし、まったくリスクがないとは言えず、一人目よりも確実に高齢にはなっていますから、軽く考えて検診に来ないなどは絶対タブーです。

一人目の高齢妊娠・出産時に、妊娠中毒症や胎盤剥離など何らかのトラブルがあった場合には、次の妊娠・出産もできる限り同じ医療機関に通ったほうが、母体の健康状態を把握できるため望ましいといえます。

また、高齢出産となる年齢になった場合は、やはり母体のことを考えて医師と相談しながら経過をたどれば、リスクも少なくなってきます。

あまりリスクの心配ばかりしないで、二人目のお子さんに対する愛情のほうを選択して、出産に対しての心構えをもって頂きたいと思います。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 二人目

高齢出産 二人目

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。