Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:ダウン症児の中絶

高齢出産のリスク:ダウン症児の中絶

高齢出産のリスクとして、ダウン症候群を患って生まれてくる子がいます。
ダウン症児の中絶について考えてみます。

中絶は、出生前検査によって「胎児がダウン症候群」と診断されても、 母体保護法によって胎児の問題での中絶は認められていないため、 それだけでは人工妊娠中絶適応にはならないのです。

これは、学会の倫理規定によるものです。
しかし、母体保護法の条文にある妊娠中絶の適応があります。

この条文には「妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるもの」、 「母体としての精神的問題が著しい」または「精神的問題によって母体の健康障害が著しい」とされれば、 人口中絶は認められるのです。

人口中絶は、妊娠22週未満であれば一般に行われます。
人口中絶は行う医療機関と行わない医療機関がありますので、注意が必要になります。

それは「人工妊娠中絶を行うには、 人工妊娠中絶手術を行う母体保護法指定医師によってその必要があるかどうかの認定」が必要であるためです。

高齢出産に挑まれる方は、こういったことも理解しておきましょう。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。