Top >  高齢出産 出生前診断 >  出生前診断:妊娠する前にやる検査

出生前診断:妊娠する前にやる検査

高齢出産の方は特にお薦めしますが、妊娠を希望しているのであれば、最低これだけは出生前診断として受けておいた方が良いでしょう。

出生前診断はつぎのような検診内容です。

  • 健康な生活習慣のための指導
  • 栄養相談
  • 子宮ガン・子宮頚ガン・子宮内膜症・子宮筋腫などの検査
  • 風疹抗体値検査
  • 血糖値検査
  • HIVや性病の検査
  • 歯の治療

妊娠するとホルモンの分泌が原因で虫歯が進行しやすくなります。
特に高齢出産では「歯」自体が老化しています。

そうなると歯の治療を受けなくてはいけませんが、レントゲンや麻酔・薬など、胎児に影響を与える可能性もなくはありません。

妊娠してから歯の治療を受けることもできるそうですが、前述したようにレントゲン・麻酔・薬などのリスクはなるべく避けたいものです。

歯の健康診断は歯科医と相談して行います。

治療中の姿勢やストレスが胎児に影響を与えたり、と面倒なことが多くなるようです。
出生前診断を受けて、明るい出産へと進んで頂きたいのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 出生前診断

高齢出産 出生前診断

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。