Top >  高齢出産 出生前診断 >  出生前診断:賛成派の意見

出生前診断:賛成派の意見

高齢出産において、出生前診断により障害を持っていることが判った胎児を安楽死することは、決して良いとは言えませんが、胎児の安楽死は認めてよいと思うという賛成派の意見として、胎児は安楽死決定の意志をもたないので、両親が死を決定しても良いのではないだろうか、又、両親も出生前診断により安楽死の判断を下すことに苦しむと思うし、安楽死させてしまった胎児に対して、一生罪の意識に苦しんで生きて行くことになるでしょう。

しかし、どんなに障害のある子でも、幸せに育てる自信のある両親なら、きっと安楽死なんて想像もつかないかもしれませんが、中には、そんな事に耐えられない人たちもいるはずですし、また、致死的障害をどこで分けるかという問題や、現に障害を持って生きている人もいるのであるから、そういう人の存在を否定することにもなりかねないのです。

出生前診断による人工中絶は大変難しい問題であると思うと、賛成しながらでも、すっきりしないのが事実のようです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 出生前診断

高齢出産 出生前診断

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。