Top >  高齢出産 出生前診断 >  出生前診断:否定派の意見

出生前診断:否定派の意見

高齢出産で問題になるのが、障害児の出産確率が高いということです。

そのため、医師は出生前診断を勧めます。

もし、胎児が出生前診断で障害を持っていると判ったならば、安楽死(日本では人工中絶)をして良いのかという問題がおきます。

出生前診断で障害を持った胎児の安楽死や人工中絶に対して否定的な人は、どう考えているのでしょう。

障害に対しての偏見かもしれませんが、障害をもった子供を育てていく不安、社会的偏見、このような障害児を抱えて生活していく母親の負担、不安は計りしれないし、障害を持って生まれた人が、自分の特徴だと胸を張っていえる人は少ないと考えています。

だからといって、胎児の安楽死に賛成というわけではなく、社会の障害者に対する偏見をなくし、障害者が住みよい世の中になれば、胎児の安楽死は当然認められないのではないかと思っています。

自己決定権を尊重せずに、安楽死を選択することは確かに賛成しがたいことです。

胎児の安楽死は、母親が胎児に代わって命の選択をすることになること、その判断が良かったのか悪かったのか、とずっと自分に問うことになるのではないだろうかと考えています。

それに最も重要となる「どこで線引きをするのか」ということの方がより難しいことのように思い、胎児の安楽死や人工中絶を認めることは出来ないと考えている人が多いのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 出生前診断

高齢出産 出生前診断

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。