Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:新生児自閉症の発症

高齢出産のリスク:新生児自閉症の発症

高齢出産のリスクの中に、新生児自閉症があります。

最近の傾向として、新生児の自閉症発症率の増加があります。
このリスクは、父親の年齢が大きく影響を及ぼしているようです。

米国の研究によると、父親が40歳以上の時に生まれた新生児は、 自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で、 30~39歳の父親と比較すると1.5倍以上とされているとの報告があります。

父親のリスクも考えて妊娠準備をしなくてはならない結果がでています。

一方、母親については、年齢が高いと若干の影響を及ぼす可能性は排除できないものの、 子どもの自閉症に発症に与える有意な影響は認められなかったとされています。

母親・父親の高齢は、妊娠においてリスクを伴う事実があるということになります。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。