Top >  高齢出産 出生前診断 >  出生前診断:米国と日本の訴訟問題

出生前診断:米国と日本の訴訟問題

訴訟の国と言われる米国で、高齢出産で異常児出生の危険が高いと予想されたのに、出生前診断を受けるよう医師が勧めを怠ったために染色体異常児を出産し、育児しなくてはならなくなったという訴訟があります。

この訴訟の結果は、出生前診断を勧めなかった医療サイドが敗訴しています。

日本では、出生前診断をされなかった39才の母親から生まれたダウン症児について訴訟されたケースがありますが、医師に過失は無いとの判例(H9.1.24,京都地裁)が出ています。

これは、厚生科学審議会先端医療技術評価部会で『妊婦からの相談や申し出がない場合、産婦人科医師が積極的に染色体異常児出産の危険率や羊水検査について説明すべき法的義務があるとは認められない、妊婦からの申し出があった場合でも、産婦人科医師には検査の実施などをすべき法的義務があるなどと早計に断言できない。』と指導しているからです。

しかし、日本でも出生前診断が医事紛争の兆しが出始めているのが実状です。

今後、この指導が見直されることも無きにしも非ずといえましょう。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産 出生前診断

高齢出産 出生前診断

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。