Top >  高齢出産とダウン症 >  ダウン症児の育成 ダウン症児の早期治療について

ダウン症児の育成 ダウン症児の早期治療について

高齢出産などで生まれるダウン症児は早期治療が望ましいのですが、ダウン症と診断するのは、いつ頃なのでしょう。

ダウン症児尾診断は出生直後に顔貌、身体症状、筋緊張低下などから染色体検査が行われ、誕生後1ヶ月頃に確定します。

その時から早期療育を始めるのが良いのですが、ダウン症児の中には心疾患などの合併症などの治療のために0~1歳の時期は、医療ケアが大きく占める事がが多いのです。

また、この時期のダウン症児には、育児の難しさに対する援助も必要となり、哺乳量の少なさ、離乳食の与え方、感染症予防、便秘、皮膚のケアなどダウン症児特有のケアも求められます。

また、ダウン症児は呼吸器型感染症にかかりやすく、軽いカゼから気管支炎、肺炎に移行することも少なくありません。

その他、眼科的問題(眼瞼炎、結膜炎、遠視、近視などの屈折異常、斜視、白内障など)耳鼻科的問題では、鼻炎・中耳炎・聴覚障害・外耳道狭窄などがあります。

整形外科的問題では、高口蓋・萌歯遅滞などの障害もあります。

皮膚外科的問題では、脱毛・皮膚の乾燥・しもやけなどの皮膚トラブルも多いです。

また、てんかんや白血病などを持つ子どもの率が健常児より高くなっていることも事実です。

其々に対する治療と健康管理が早期療育の基本として考えられなければならないのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。