Top >  高齢出産とダウン症 >  ダウン症児の育成 親と家族のケア

ダウン症児の育成 親と家族のケア

高齢出産などによるダウン症児出産では、早期に必要となるのが母親の精神的不安定に対するカウンセリングです。

この時期は、母子の愛情関係の重要な時期でもあり、母親だけでなく家族(同時に父親や他の兄弟、祖父母などの他のメンバー)を含めた援助が大切となります。

ダウン症のみならず、障害児を家族として迎えるということは経済的社会のなかでは、その家族にとって大きな試練でもあります。

一番重要なのは、ダウン症児診断の告知後の絶望・悲しみ・逃避という精神的不安的な状態から、親と家族に対するカウンセリングやケアが不可欠となってきます。

さらに、子どもの発達に影響を与える親の養育姿勢があり、ダウン症児の親は、しばしば過保護的あるいは、過干渉的な養育姿勢になりやすいのです。

この事は、その後の子どもの意欲に欠けたり、集団参加の苦手、対人関係などの社会的行動や言語の発達にも悪影響を及ぼすことがしばしばみられます。

幼いほど影響を受けますので、乳幼児期からの親の養育姿勢や実際の子育ての技術を、子どもにとって適切であるように援助することが大切なのです。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。