Top >  高齢出産とダウン症 >  ダウン症児の育成 早期療育プログラム

ダウン症児の育成 早期療育プログラム

高齢出産などによりダウン症児の出産となった場合、ダウン症児の育成を早期に正しく是正していく為、早期療育プログラムを考えていかなければならないでしょう。

ダウン症児の生活は子どもの年齢や活動に合わせた生活の経験を与える必要があります。

障害児の場合、どうしても限られた空間での生活、単調なリズムになりやすいものであるが、毎日の生活こそが子どもの発達に大きく影響します。

だからこそ、健常児と同じような豊富な生活経験を送れる毎日が理想であるため親の援助につながるものです。

早期療育プログラムとしては、粗大運動といって、筋緊張低下、反張膝、内反足、原始反射の消失の遅れ、股関節開大、背筋力の弱さ、意欲のなさ、動きの少なさなど、ダウン症児によく見られる特徴があり、これらを考慮に入れながら意欲を引き出すような遊びを考え指導するのがよいです。

子どもの自動的運動に導く方法が好ましいのです。

知覚・微細運動は、視覚聴覚などの知覚、リーチング、把握、玩具の操作など手指を用いた微細運動、および問題解決、認知などの知的学習が含まれる。

コミュニケーションは、言葉のやり取り。

社会性・身辺処理いは乳幼児期の頬親との愛情関係を強め食事、排泄、社会的遊び、衣服の着脱、清潔などの生活習慣が含まれます。

これらの早期療育により、社会性を身に付け通常児と変わりない社会生活を送ることが目的です。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。