Top >  高齢出産のリスク >  高齢出産のリスク:高齢分娩

高齢出産のリスク:高齢分娩

高齢出産のリスクの中には、分娩に対するリスクも生じてきます。

高齢分娩の場合、母体が危険なだけではなく、流産・早産する危険性が増加します。

日本全体の周産期死亡率を見ると、20~34歳では千対5.0~5.7と横這いですが、 35~39歳では7.9に上がっています。

これを見るとお産の結果も違うことになります。
しかし、この上昇は1000人にふたり=0.2%の上昇ということになります。

また、第一子出産が高齢出産である場合も、母体の健康が損なわれる危険性や、 流産・早産の可能性が増加するということになってきます。

ですが生まれてくる子供の健康に関するリスク(染色体異常が発生しやすくなることなど)は同じであります。

高齢分娩になると帝王切開の率も上がりますが、そっくりそのままお産の危険度を表しているのではありません。

帝王切開は不妊症治療で授かった赤ちゃんが高齢初産には多いこと(多胎が増える、 「貴重児」なので大きな理由がなくても帝王切開にすることがある)はありますが、 高齢分娩のリスクは精神的にもあるのかも知れません。

35歳妊娠

今だけ【半額&ポイント10倍!】「美味しい酵素」で即ダイエット!【限定特典】1袋毎にミネラルウォーター1本付!

5年前、10年前に入った保険をそのまま継続して今後のライフプランに合っていますか?
保険は定期的に見直すことが必要ですよ。

保険の見直し

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)


高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

関連エントリー


出産準備品は

妊活中の夫婦に必要なもの
ベルタ葉酸サプリ
管理人 かよ
私は、36歳と41歳で子供を産みました。二人とも男の子で元気にすくすく育っております。一人目のときは高齢出産についてあまり意識しませんでしたが41歳での出産のときはとても不安な時期もありとにかく無事に元気に生まれてほしいという気持ちでいっぱいでした。このサイトはそんなときに高齢出産について色々調べてまとめたものです。これから出産を迎える方に少しでも参考になれば思います。